生前贈与で早期対策

お金相続税を抑える方法の中でも、特に近年多くの方が利用しているのが生前贈与です。生前贈与というのは、生きている時に贈与しておいて、相続という形にしないことを言います。日本の法律では、1年に110万円までの贈与であれば、可能となっています

つまり、手間もお金もかけることなく、子供や孫に贈与することができるのです。110万円を超えてしまうと贈与税が発生するので注意が必要ですが、早い段階から110万円以内で贈与しておけば、最終的に相続するものを少なくすることができます。それは相続税の節約にも繋がるのです。

生きているうちに相続の話をするのは嫌という方も多いです。しかし、生前贈与は節税効果もとても大きなものとなっています。その点は、しっかりと話し合うことが重要となります。特に税理士に相談しつつ、生前贈与しておくことはとても重要だと言えるでしょう。しっかりと活用して、より重要なものだけを相続できるようにしていくことも重要です。必要のないものは、きっぱりと決別して処分するということも考えておいてください。必要なものだけ、生前贈与にしてしまうというのが、近年の上手なやりくりとなることが多いです。まずは必要なものとそうでないものを見極めてください。


  **関連記事**

  1. 相続税を抑える方法
  2. 税理士への相談が鍵
  3. 不動産の整理で節税