不動産の整理で節税

家相続税を抑えるためには、不動産の整理が重要となります。不動産というのは、建物や土地などの動かない資産のことを言います。それらの資産は価値も大きいということもあり、人によっては何百万円、何千万円というような価格で購入したという方もいるでしょう。基本的にその地域が発展した場合は、土地の価値もさらに高くなっていることがあります。それに反比例する形で、そこに建てた建物は価値が下がっていくようになっています。それらの不動産の動きなども考えて、対処していくことが節税に繋がるでしょう。

近年多くなっているのが、親の世代から相続した土地や建物をそのままにしているという方です。その子供がまた相続し、さらに孫が相続していくということもあるかもしれません。使わないのに、「いつかのために」と相続させてしまう人も多いです。しかし、相続するのもタダではありません。

相続するものが多ければ多いほど、相続税も高くなるという点に注意しなくてはなりません。使っていない土地や建物は相続するのではなく、良いタイミングで処分した方が安上がりなこともあります。税金の動きを知りながら、上手に税理士とどのように対処するか考えてみてください。


  **関連記事**

  1. 相続税を抑える方法
  2. 税理士への相談が鍵
  3. 生前贈与で早期対策