月別: 2018年2月

生前贈与で早期対策

お金相続税を抑える方法の中でも、特に近年多くの方が利用しているのが生前贈与です。生前贈与というのは、生きている時に贈与しておいて、相続という形にしないことを言います。日本の法律では、1年に110万円までの贈与であれば、可能となっています

つまり、手間もお金もかけることなく、子供や孫に贈与することができるのです。110万円を超えてしまうと贈与税が発生するので注意が必要ですが、早い段階から110万円以内で贈与しておけば、最終的に相続するものを少なくすることができます。それは相続税の節約にも繋がるのです。

生きているうちに相続の話をするのは嫌という方も多いです。しかし、生前贈与は節税効果もとても大きなものとなっています。その点は、しっかりと話し合うことが重要となります。特に税理士に相談しつつ、生前贈与しておくことはとても重要だと言えるでしょう。しっかりと活用して、より重要なものだけを相続できるようにしていくことも重要です。必要のないものは、きっぱりと決別して処分するということも考えておいてください。必要なものだけ、生前贈与にしてしまうというのが、近年の上手なやりくりとなることが多いです。まずは必要なものとそうでないものを見極めてください。


  **関連記事**

  1. 相続税を抑える方法
  2. 税理士への相談が鍵
  3. 不動産の整理で節税

不動産の整理で節税

家相続税を抑えるためには、不動産の整理が重要となります。不動産というのは、建物や土地などの動かない資産のことを言います。それらの資産は価値も大きいということもあり、人によっては何百万円、何千万円というような価格で購入したという方もいるでしょう。基本的にその地域が発展した場合は、土地の価値もさらに高くなっていることがあります。それに反比例する形で、そこに建てた建物は価値が下がっていくようになっています。それらの不動産の動きなども考えて、対処していくことが節税に繋がるでしょう。

近年多くなっているのが、親の世代から相続した土地や建物をそのままにしているという方です。その子供がまた相続し、さらに孫が相続していくということもあるかもしれません。使わないのに、「いつかのために」と相続させてしまう人も多いです。しかし、相続するのもタダではありません。

相続するものが多ければ多いほど、相続税も高くなるという点に注意しなくてはなりません。使っていない土地や建物は相続するのではなく、良いタイミングで処分した方が安上がりなこともあります。税金の動きを知りながら、上手に税理士とどのように対処するか考えてみてください。


  **関連記事**

  1. 相続税を抑える方法
  2. 税理士への相談が鍵
  3. 生前贈与で早期対策

税理士への相談が鍵

税理士税理士へ相続相談をすることによって、相続税を抑えることが可能です。一番安全かつ安心の方法としては、プロの税理士に依頼することだと言えます。税理士というのは、税に関しての知識を持っているのはもちろん、依頼者の税金負担を極力まで抑えてくれる仕事です。

もちろん、本来は適正な税務処理をするのが税理士の仕事ですが、依頼者にとって重要なのはいかに税金を安くするかという点となっています。いわゆる節税の役割を持つ税理士が多いというです。そういう意味でも、相続するものがある場合、相続されるものがある場合に相談しておくべきです。

色々な税理士がいますが、まずは節税について強い知識を持つ税理士を見つけていきましょう。税理士とは言っても、企業や会社、法人に向けてサービスを提供している人もいれば、個人に向けてサービスを展開している人もいます。だからこそ、それぞれの税理士に合わせて、相談していくことが必要です。特に税金を安くしたい場合は、それを売りにしている税理士を見つけてみてください。そうすれば、少なくとも相続や贈与の時にかかる負担は大きく軽減することが可能となります。しっかりと考えて対応するようにし、少しでも節税できるようにしてください。


  **関連記事**

  1. 相続税を抑える方法
  2. 不動産の整理で節税
  3. 生前贈与で早期対策

相続税を抑える方法

困る人相続税を抑える方法を知れば、より安心して相続することが可能となります。実際に相続税に関しては、思っている以上に高くなるということもあります。相続する資産や遺産が多ければ多いほど、その金額はより大きくなるでしょう。だからこそ、しっかりと相続税を抑える方法を知っておくことが重要なのです。その手の話にまったく知識がないという方は、税理士への相談が鍵となります。何もわからないまま相続相談をするよりは、しっかりとした専門家を介して家族で話し合うのが、一番良い方法となります。まずは真剣に考えてみましょう

ここでは、相続税を抑える方法を紹介します。相続税が高くなるという点に関しては、資産や遺産がある人だけと思っている方も多いです。ただ、一見すると価値がないものに関しても、税金がかかることもあります。また、両親には相続するものがないと思っていても、実は隠していた財産などがあるかもしれません。そういうものが一度に大きく降りかかってくると、税金も高くなってしまうことがあるのです。しっかり考えて、どのように対処していくのかを考えておきたいところです。この手の問題は放置していても解決しません。

まずは税理士に相談し、解決方法をしっかりと導くことが必要となるでしょう。その他、どうやって相続税や贈与税を安くしていくのかについても考えておくことが重要となります。その点、しっかり考えて対処するようにしてみてください。


  **関連記事**

  1. 税理士への相談が鍵
  2. 不動産の整理で節税
  3. 生前贈与で早期対策